Photo: David Newman

コーヒー&スイーツ

コーヒーのルネッサンス

初めてシアトルを訪れる方も、訪問50回目を数える方も、誰もが声をそろえて言うこと。それは、シアトルは本物のコーヒーを知っているということです。スターバックスを筆頭として、シアトルは少量生産の焙煎コーヒーでも高い評価を得てきています。

最も新しいスモールバッチの店は、Starbucks Reserve Roastery & Tasting Roomです。この店は、200冊以上の本を収蔵したコーヒー図書館に加え、

この一大コーヒー店だからこそ調達できる最高の豆と、その豆で淹れたコーヒーを最大の特徴としています。焙煎工程の全貌を見ることができる上に、そのプロセスを見ながらコーヒーを楽しめる広いスペースが用意されています。焙煎の専門家が迷路のような銅製チューブと輝く大桶に豆を送り、唯一無二のコーヒーを創造する過程をぜひご覧ください。そしてコーヒーに精通したバリスタが淹れる一杯のコーヒーで、この素晴らしい経験を締めくくりましょう。ここは、モダンな建物からグローバルな調達手段まで全てを駆使して生まれた、シアトルのカフェインワールドの新たなランドマークです。

通りを少し歩くと、もう一軒の老舗、Victrola Coffee Roasters(ビクトローラ・コーヒー・ロースターズ)があります。ビクトローラは10年以上も前から少量生産の焙煎方式に重点を置き、特に、キャピトルヒルにある「ショーケース」のような店舗には、彼らのコーヒー知識が詰まっています。大きなガラス窓の後ろには、世界中から集めた豆を焙煎する機械があり、素晴らしいブレンドコーヒーやここでしか味わえない豆を使ったコーヒーを提供しています。週日にはロースターが常駐し、コーヒー好きのために無料のテイスティングも週に一回行っています。

産地直送の豆を使ったコーヒーの先駆者であるCaffe Vita(カフェ・ヴィータ)は、2015年に開業20周年を迎えた老舗です。この店の世界中の産地との直接契約により実現した手の込んだ焙煎方法が、シアトルに少量生産の焙煎コーヒーを定着させました。

自家焙煎したコーヒー豆を使っているその他の店には、Storyville Coffee(ストーリービル・コーヒー)Caffe Ladro(カフェ・ラドロ)などがあります。

スイーツスポット

スイーツはもはや単なるデザートではありません。毎日のようにお店に並ぶ素晴らしいスイーツは、その土地のシェフやパティシエたちの地産地消に対する情熱の成果です。シアトルでは、とても簡単に最高のスイーツを手に入れることができます。

インスタグラム

パートナー広告