Photo: David Newman
Photo: David Newman
Photo: John Henderson

パブリックアート

パブリックアート

シアトルのパブリックアート

シアトルで最も愛されているパブリックアートは、キャピトルヒルのブロードウェイにあるJack Mackieによる「ダンスステップ」、ボランティアパークにあるイサム・ノグチによる「ブラックサン」、フリーモントにある Richard Beyerによる装飾の多い「インターアーバンを待つ」などの彫刻です。そして、シアトルはアメリカのガラス美術の首都と呼ばれていますが、その理由を見つけるのは簡単です。ベナロヤホールの素晴らしいシャンデリアから、シアトル水族館のシーフォームまで、さまざまなガラスの芸術品が見られます。世界的に有名なアーティストであるデイル・チフリーも、ここでは、シアトルのパブリックスペースを飾る有名ガラスアーティストの一人にすぎないと感じるでしょう。シアトルの歴史あるパイオニアスクエア地区では毎月の第1木曜日がアートの日で、この日には、シアトルで最大かつ最も古い地区アートウォークが開催されます。シアトルのアートをフルに楽しむためには、ガイドなしのパブリックアートウォーキングツアーを利用するのも一案です!

パートナー広告